私はこの授業で広島大学キャンパス言葉辞典作りに携われてよかったと思う。高橋先生に頼ることも多かったけれど、学生が中心となって作りあげてきたからである。私たち学生は学生特有の言葉をたくさん使っている。同じ学生でも学校によって使う言葉は違ってくる。さらに学部によっても・・・というようにそれぞれに言葉の文化を持っている。私たちが普段何気なく使っている言葉にも重要な意味があるのである。今回の一連の授業によって、「そういえばこんな言葉使ってるけど、実は広大生しか使わないんだな。」とか、「そんな言葉使われてるの聞いたことない。」というようにいろいろな発見をすることができた。授業ではたくさんの言葉を整理するために、グループ分けして効率よく作業ができた。こうして出来上がった広島大学キャンパス言葉辞典は、私たちの最高の仕事が凝縮された辞典であるといえる。この授業を受講してよかったと思う。