キャンパスことば辞典が完成する日を夢見て今までがんばってきました。大変だったのは、普段何気なく使っている言葉をどうしたら的確に分かりやすく説明できるかと考えること、それから、言葉やその言葉の意味・説明を調査することです。教育学部以外の、他学部に通用している言葉たちもできるだけ載せたいと思っていたのですが、私たちの力では限界があり、また、時間の制約もあって、最後の編集などは高橋先生のお力を借りるばかりになってしまったように思われます。それは、私たちが初めての経験ばかりだったこともあるでしょうが、 それでもここまで来れたのは、高橋先生のご指導のおかげだと感謝しています。これらの調査やそれをまとめる活動を通して、身近にあった言葉を改めて感じたり見直すことができ、また、言葉がいかにして作られていくのかということや、言葉の働きというものがよく分かった気がします。このように普段使っている言葉を見つめ、考える機会をもてたことは大変貴重だと思います。みなさん、ご苦労様でした。先生、ありがとうございました。