初めは授業でこういうことをするのが珍しく、おもしろいと思いました。しかしやり始めると、なかなか大変な作業でした。まずいろいろな言葉を出して、それを分類していくことからはじめましたが、悩みっぱなしでした。一つの言葉の捉え方も人によって微妙に違うようで、話し合いの中でそれでいいの…?と思うことも何度かありました。しかし日ごろ何も考えずに使っている言葉を見直し、考えるいいきっかけになったと思います。 その後分野ごとに分かれての作業になり、私は広島大学周辺の地名・スポットを受け持ちました。ほとんど聞いたことある言葉や普段使っている言葉でしたが、いざ説明しようとするとなかなか正確で的確な表現が思い浮かびません。地図を見たり、友達に聞いたり、実際にその場に行ったりしてようやく完成させました。西条に来て3年目ですが、図書館に初めて行ったりと、いろいろ新たな発見がありました。授業らしい授業はあまりなかったような気がしますが、普通の授業よりもかなり充実感、達成感が得られる授業だったと思います。