今回、高橋先生から広大キャンパス語辞典を作ると聞いたとき、単純に「おもしろそう」と感じた。実際、言葉を探し出す作業は楽しかったし、自分が知らなかった言葉を聞いたりしておどろきも感じられた。しかし、作業を進めるにしたがってグループ内での仕事の配分が難しく、時間も足りなかったため、本来なら最も時間をかけなければならないはずだった言葉の意味の記述に時間をかけられなかった。また、この授業をとっている人が教育学部の人ばかりだったため、他学部で使われている言葉はあまり集まらなく、意味もはっきりしなかった。このような機会が次にあるかわからないが、もしあったらもっと時間をかけて、様々な学部の人を交えて取り組みたいと思った。