広島大学キャンパスことば辞典
2003年・教育学部周辺

第25分野 その他





25
その他


イラガミ      <0>    (名)  [いら紙]

両面白紙のいらない紙。

ウラガミ      <0>    (名)  [裏紙]

表の印刷面は使わないが、裏の白い部分をちょっとしたメモや計算に使用する紙。

エバタンザク    <0>    (名)  [江端んざく、えば短冊]

広島大学教育学部国語文化系コースの江端義夫教授の持ち歩く短冊状のメモ用紙。思いついたことを書いたりするらしい。

カゴベン      <0>    (名)  [鹿児弁]

独特のイントネーションでしゃべる鹿児島弁。その魅力に引き込まれる人は多い。鹿児島出身者に限らず、関西地方以外の地方出身者は、
1.方言を出さずに(あるいは必死で隠そうとして)話す人
2.方言で話す人
の2タイプに分かれる。関西地方の出身者はほぼ例外なく関西弁で話す。

カンテツ      <0>    (名)  [貫徹]

完全に一晩中徹夜すること。レポート締め切り前日や、テスト前日の勉強、カラオケ、飲みなど内容はさまざま。カラオケや飲みの場合は「オール」と言うことが多い。複数で徹夜した場合、朝になると誰かが「明る〜!」というのが非常に一般的。
 
コソベン      <0>    (名)  [こそ勉]

人に隠れてテスト勉強やレポートをやること。やってないと思わせて裏切ること。友人にこれをされるとひどく傷付く。

ジーザス      <0><1> (感嘆) [ジーザス]

「なんてこった」というニュアンスで使う。吹奏楽団のごく一部が使う。

スルーパス     <2><3> (名)  [スルーパス]

会話中に、次の話者がうまく笑いを取れるようないい前フリをしてあげること。跳び箱の手前に置かれているジャンプ台的な役割を担う。

センス       <1>    (感嘆) [センス]

「すごくいい」というようなニュアンスで使う。教育学部第2類数理系コースあたりでよく使われている。「セ〜ンス」と言われて誉められると嬉しい。また、人に物を買ってきてもらうように頼んだり、食事に行き注文するものに迷ったときなどに、「お前のセンスに任せるよ」という風に使ったりもする。頼んだ物や買ってきた物が依頼者の好みにそぐわなかったりすると、頼まれたはずなのに散々文句を言われるはめになる。

タヌロー      <0>    (名)  [タヌロー]

学生総合共済のマスコット人形。

チューケン     <0><1> (名)  [中検]

中国語検定試験。他にもハングル検定試験やドイツ語検定試験などがある。第二外国語として履修したので検定試験も受けてみたいという人、担当教官に勧められて受ける人が多い。中には先生が検定試験を受けさせる外国語科目もあるとか。

デアイノイチネン、ドリョク(キボー)ノニネン、アキラメ(ゼツボー)ノサンネン、キセキノヨネン  <−>  (−) 
[出会いの1年、努力(希望)の2年、あきらめ(絶望)の3年、奇跡の4年]

広島大学での男女の出会いが格言化されたもの。1年生では多くの出会いがある、2年生は本人の努力次第で出会いがある、またはまだ出会える希望がある、3年生では出会いが少なくあきらめがちになる、または出会うのはもう絶望的である、四年生では出会いはもうほとんどなく出会えたとしたらそれは奇跡である、という意味がこもっているそうだ。

ピアサポーター   <4>    (名)  [ピアサポーター]

広島大学東広島キャンパスの西図書館3階に設置されているピアサポートセンターで相談を受けている学生の相談員。特定の集中講義を受けることでピアサポーターになることができる。精神的に疲れているときに行くと、とりあえず話をして気持ちを落ち着かせて、精神的な面からサポートしてくれる。しかし実際に相談を受けている人はあまりいない。相談内容は、〜するにはどこに行けばいいのかといったことや、悪徳商法に引っかかってしまった、などということまで、たいてい何でも受け入れてくれる。平日の12:30〜5:00に開かれている。定休日は木曜日。

フツケン      <0><2> (名)  [仏検]

文部省認可の、実用フランス語検定試験。年に2度行われる。一次の筆記試験に合格して二次の面接試験に臨むと、試験官は広島大学のフランス人の先生なので驚く。

ブルシ       <0>    (名)  [ブルシ]

ブルーシート。オリエンテーションキャンプや花見などでよく用いられる、尻を汚さないための敷物。

マジソン      <0>    (感嘆) [マジソン]

「ほんと?」という意味で使用。ごく稀に「エジソン?」とも言われる。教育学部第二類数理系コースでよく使われる。

ヤニーズ      <0>    (名)  [ヤニーズ]

集団でたばこを吸う人たち。「ジャニーズ」をもじって作られたと思われる。蛍族やモクモク隊とも言われ、後者の場合、その一員をモックンとも言う。周囲からは結構嫌がられる。本人たちは気付いてないが、周りから見るとみんな煙の中でもやもやとほの白くなっている。




トップページへ