広島大学キャンパスことば辞典
2003年・教育学部周辺

第20分野 運転免許





20
運転免許


エスエス       <0>    (名) [SS] 

Safety Schoolの略であり、自動車学校の中で免許無しでも二輪、四輪、大型、大型特殊自動車の運転ができるという企画。また、雪道のスリップを再現したものを体験できる。

エンスト       <0>    (名) [エンスト] 

エンジンストール。マニュアル車によって起こる、エンジンの回転が止まる現象。初心者に多く、ギアチェンジを間違えたり発車させようとすると起こしやすい。交差点で右折しようとしている時に道の真ん中で止まったりすると、とても怖い。エンジンストップと間違えている人もいる。運転中にこれをやってしまうと異常に恥ずかしくなり、落ち込む。      

オーガタ        <0>    (名) [大型] 

大型免許。大型自動車を運転するのに必要。大型バイクを指すことも。

オートマ       <0>    (名) [オートマ] 

オートマチック車。ギアの切り替えがないのでマニュアル車よりも運転が簡単。

ガッカ        <0>    (名) [学科] 

学科教習。交通ルールやマナーについて教室で学ぶ教習。教官の説明もあるが、ほとんどの場合ビデオを見て学ぶ形式である。非常に退屈で眠くなるが、眠ると教官にしつこく起こされる。時間割が決まっており、時間を合わせるのに苦労する。早めに取っておかないと面倒なことに。

ガッシュク      <0>    (名) [合宿] 

短期間で集中して免許を取得するための合宿。すべて順調にいけば約2週間で免許を取得することができる。ほぼ缶詰め状態だが、教官も何とか期間内に免許を取らせようと頑張ってくれるため取りやすい。女の子が行くと男に狙われるため危険だといわれている。短期間で免許を取れるため、事故を起こしやすいといわれている。

カモジ        <2>    (名) [賀茂自] 

賀茂自動車学校。場外コースの交通量がとても多い。広島大学から近いが、場内コースが狭い。送迎バスも少ない。

カリコー       <0>    (名) [仮効] 

仮免効果測定。仮免学科試験前の模擬試験。自動車学校によっては仮テともいう。

カリテ        <0>    (名) [仮テ] 

「カリコー」と同義。

カリメン       <0><2> (名) [仮免] 

仮免許。取得するまでは場内コースのみでの教習のみを行う。取得後は条件を満たせば場外を走れる。顔写真付きの紙をペラペラの透明な袋に入れただけのちゃちな物だが、これを忘れてしまうと場外を走ることができなくなるという重要な代物である。

ギノー        <1>    (名) [技能] 

技能実習。実際に車を運転してコースを走る教習。お気に入りの教官とばかり予約をしたり、いろんな教官を試してみたりできる。その時間ごとに課題が設けられていて、しっかりできたと認められなければ補講をつけられることもある。教官選びが重要なポイントで、なるべく早く自分に合う教官を見つけ、その教官に毎回教えてもらうようにした方が得策。 

キョーシュー     <0>    (名) [教習] 

教習所。自動車学校よりも厳しい指導をする。広島大学周辺にはない。

シャコー       <0>    (名) [車校] 

自動車学校。広島大学周辺には「賀茂自動車学校」、「東広島自動車学校」、「道祖園自動車学校」があり、広島大学の学生が西条で免許をとるときは、ほとんどがこの三つのいずれかに行く。それぞれの自動車学校に対する評価は人によって異なる。

シューケン      <0><1> (名) [修検] 

修了検定。仮免許取得のための技能試験。

ジューレツ      <0>    (名) [縦列] 

縦列駐車。とても難しい。初心者運転手はやたらキョロキョロしてしまう。自動車学校内のコースにはポールに目印があるので手順通りにすれば比較的簡単だが実践で通用するかは疑問。前後が他人様の車だったらと考えると、あの練習では不安である。

ストレート      <3><4> (名) [ストレート] 

全ての試験はもちろんのこと、補習なども一度もつかずに一発合格して免許を取得すること。再試験や補習は最初に支払った入校料とは別に支払わないといけないので、一発合格だと経済的にも嬉しい。

ソッケン       <1>    (名) [卒検] 

卒業検定。自動車学校卒業のための技能試験。

ソツテ        <0>    (名) [卒テ] 

本免効果測定。運転免許センターで受ける本免学科試験対策の模擬試験。自動車学校によっては本効という。

チューキン      <0>    (名) [駐禁] 

駐車禁止。大学構内で駐車禁止のところに駐車すると輪留めされる。

チューメン      <1>    (名) [中免] 

中型自動二輪免許。バイクを運転するのに必要。

テクノ        <1>    (名) [テクノ] 

テクノ自動車学校。安芸郡熊野町にある。広島大学からは遠いため通う人は稀である。

ドーソ        <0><1> (名) [道祖] 

道祖自動車学校。東広島市西条町八本松のド田舎にある。場内コースの広さは西日本No.1。広島大学からは遠い。教官が優しいという評判があり、「女の子はドーソ」とよくいわれる。受講生のために菓子パンが一つ30円、コーヒーが1杯10円で売られている。

ニューコー      <0>    (名) [入校] 

自動車学校に通いはじめること。入校費用は約25万円ほど。

バックチューシャ   <3><4> (名) [バック駐車] 

バックで駐車すること。教習中にカッコつけて片手でハンドルを回そうとすると「両手でやれ!」と怒られる。

ヒガジ        <2>    (名) [東自] 

東広島自動車学校。広島大学からはやや遠めだが、バスの便がよく、場内コースも広めである。教え方の良い先生が多いと評判。初めて自動車学校外に出るときはとても緊張するが、東広島自動車学校の近くは田舎道が多いので案外楽らしい。

ペーパー       <1>    (名) [ペーパー] 

免許を持っているにもかかわらず、車の運転をずっとしていない人。ペーパードライバー。

ホコー        <0>    (名) [補講] 

技能実習において、その時間の課題がしっかりできたと認められないときに、次の時間でやり直しされる教習。補講を受ける度にお金をとられるので、けっこう必死になる。

ホンコー       <1>    (名) [本効] 

「ソツテ」と同義。

ホンメン       <1>    (名) [本免] 

本免許。各都道府県の運転免許センターにおいて取得する。筆記試験による合格者はその日のうちに免許証がもらえる。いきなり写真を撮られるのでびっくりする。

ミッション      <0>    (名) [ミッション] 

マニュアル車。オートマチック車よりも運転が困難。オートマチック車も本当はオートマチックトランスミッションというのに、マニュアル車のことだけミッションという。「坂道発進」の練習をするときは、よく後ろに下がってくるので後ろに控えている教習車は充分に車間距離を取っておかないと危険である。同様にエンジンストールも起こすので、常々注意していないといけない。

ミキワメ       <0>    (名) [見極め] 

卒業検定前の最後の技能教習で、教官が卒業検定試験を受けられるレベルになっているか見極めること。合格するまで卒業検定は受けられない。修了検定を受ける前にもある。

ムメン        <0>    (名) [無免] 

無免許で運転すること。ばれると警察に捕まる。免許を携帯していない場合と免許を取得していない場合がある。

ロジョー       <0>    (名) [路上] 

仮免許取得後に技能教習で走る場外コース。

ロジョーキョーシュー <4>    (名) [路上教習] 

路上教習。路上教習になると、受講者はみんな前かがみになって運転する。普通に車を運転している人と比較すると面白い。また、恐ろしいことに助手席で寝てしまう教官もいる。だが、安心して寝てしまうほど運転が上手いという証(?)なのかもしれない。

ロチュー       <0>    (名) [路駐] 

路上駐車。中央公民館からゆめタウン東広島店への道は迷惑な路上駐車がやたら多い。



トップページへ